義歯(入れ歯)|浜田市で歯科をお探しの方はかずあきデンタルクリニックまで

  • 浜田市長沢町・かずあきデンタルクリニック・地図
  • 浜田市長沢町・かずあきデンタルクリニック・メニュー

義歯(入れ歯)について

虫歯などで一部または全部を失くした歯の代わりとして、最も一般的なのが、「入れ歯(義歯)治療」です。
歯のない部分に入れ歯を装着することで、咀嚼(そしゃく)機能などの歯本来の機能を取り戻します。
現在では、「入れ歯がズレてしまう」、「入れ歯があたって痛い」という入れ歯自体の問題を解決するためのものから、発声や食事を楽しめるように見た目が自然な入れ歯まで、幅広いタイプのものが開発されていますので、様々な患者様へ対応が可能です。

総入れ歯と部分入れ歯の2種類が入れ歯にはあります。

総義歯(入れ歯)

浜田市長沢町・かずあきデンタルクリニック

すべての歯を失った場合に、人工の歯を使った「総入れ歯」を使います。
違和感が初期にはあるのですが、歯科医院での定期的なメンテナンスにより、装着に徐々に慣れていくことが可能です。

生態機能的補綴システムと呼ばれる入れ歯で高品質の総入れ歯BPSデンチャー、シンラデンチャーシステム、OMデンチャーシステムを導入しております。 今までの総入れ歯が合わなくてお悩みの方はお気軽にご相談ください。

浜田市長沢町・かずあきデンタルクリニック
レジン床

保険で診療できる総入れ歯で、レジンというプラスチックで歯肉に触れる部分ができています。
患者様によっては違和感を感じることがありますが、金属製の入れ歯よりも熱伝導率が低いことで、食べ物の温度を感じづらくなることがあります。

浜田市長沢町・かずあきデンタルクリニック
金属床

自費での診療となりますが、違和感がほとんどなく、レジンよりも薄い金属製の素材で歯肉に触れる部分ができています。
薄さと強度を併せ持ち、床などに落としてしまっても、割れたりする心配がなく、熱伝導率が高いので、食べ物の温度が感じやすく美味しく食事を摂ることができます。

浜田市長沢町・かずあきデンタルクリニック
シリコンデンチャー

診察の結果、顎の条件が悪い患者様でも、歯ぐきに当たる部分を柔軟性と弾力性に優れた特殊なシリコン素材を用いた入れ歯を採用する事で、痛み等のご負担を軽減させる事が出来ます。

部分義歯(入れ歯)

浜田市長沢町・かずあきデンタルクリニック

部分入れ歯は、何本かの連続した歯が抜けてしまった場合、抜け落ちてしまった歯の前後に支えることができる歯が存在しない場合に用いる治療法です。
一般的には、金属製のバネで入れ歯を、健康で問題ない歯に固定します。

浜田市長沢町・かずあきデンタルクリニック
アタッチメント義歯

自費診療となりますが、目立ちにくく、しっかりと噛むことができ、装着感もよく、グラつきがないのが特徴です。 金属製のバネで入れ歯を支えるという訳ではなく、精密な装置や小さな強力磁石を使用しているので、取り外しも簡単です。

浜田市長沢町・かずあきデンタルクリニック
ノンクラスプデンチャー

どうしても保険診療で部分義歯をすると、バネや留め具などの金属があるので、見た目があまりよくないことを気になさる患者様も多いです。
しかし、「ノンクラスプデンチャー」はプラスチック製の義歯を支える部品を使うため、見た目がきれいで、金属製の金具も目に入らず、義歯床という義歯の支えとなる部分が歯肉とどうかするため、外からは入れ歯だと気が付きにくいのが特徴です。

浜田市長沢町・かずあきデンタルクリニック
シリコンデンチャー

総入れ歯と同様に、歯ぐきに当たる部分を柔軟性と弾力性に優れた特殊なシリコン素材を用いた部分入れ歯もご用意しております。

治療の流れ

浜田市長沢町・かずあきデンタルクリニック
入れ歯、矯正サイトはこちらをクリック

治療説明動画のご案内


針金のない入れ歯治療について